宇都宮 越戸 しみずファミリークリニック|症状別の対応

症状別の対応

頭痛

脈打つたびにズキンズキンと痛む、片側だけが痛む、痛みとともに吐き気や嘔吐が起きる、強い光や大きな音で頭痛がひどくなるなど頭痛の症状一つにしてもいろいろあります。
また、慢性的に痛んだり、突然激痛に襲われたりするなどさまざまですが、一時的なもので安静にしていれば治まるものもあれば、脳の異常が原因で放っておくと重篤な事態を引き起すものもあります。
明らかな基礎疾患のない慢性の頭痛は「一次性頭痛」と呼ばれ、代表的なものに頭の血管が拡張し、周囲の炎症によって神経が刺激されて起こる偏頭痛、肩や首周りの肩こりなど筋肉のこりや緊張から起こる緊張型頭痛などがあります。 それらとは別に明らかな原因によって起きる頭痛は「二次性頭痛」と呼ばれ、風邪やインフルエンザ、花粉症などが原因で起こるものあれば、頭部の外傷、目や耳、鼻などの病気(視力障害、緑内障、中耳炎、副鼻腔炎など)を原因とするものまで様々です。
特に注意が必要なものは頭頸部血管の障害や脳の疾患によるもので「脳卒中」、くも「膜下出血」、「脳腫瘍」の初期症状であることもあります。

発熱

発熱は風邪などの病気から体を健康な状態に戻そうとする正常な生体反応です。
病気の原因となるウイルスは、温度が高いほど弱まり、その一方で体温が高いほど生体の持つ治癒能力は強くなります。発熱があってもすぐに解熱剤などを服用するなどはせず、頭、首、わきの下などの局所冷却を行い、安静にして様子をみることが大切です。
但し、インフルエンザなど強いウイルスが原因の場合にはいち早く医療機関にて診察してもらいましょう。

のどの痛み

のどの痛みを感じた場合には、同時に頭痛や発熱など他にも併発した症状がないかを確認します。また、具体的にどの部分が痛むのか、何もしていなくても痛むのか、あるいはものを飲み込んだ際に痛むのかなど、どのように痛むのかを調べておくことが大切です。
のどの痛みのほとんどは、「咽頭炎」や「急性喉頭炎」、「扁桃炎」によって起こります。それ以外では、首周り(耳の下など)のリンパ腺が腫れることで痛む場合もあります。

咳(せき)

ほこりっぽい環境や急な温度変化で咳き込むことは、はさほど心配はいりませんが、数日間長く続くせきには注意が必要です。長引く咳は「肺結核」、「肺がん」といった病気の初期兆候の場合もあります。
また、咳と併せてゼーゼーといった息遣い(喘鳴)がある場合には「気管支喘息」なども疑われます。
他にもタバコを吸う方に多く見られる「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」という病気の症状として咳や痰、息切れや息苦しさが現れます。

動悸・息切れ

ドクドクと急に脈が速くなったり、遅くなったりするなど脈拍の乱れがある場合「不整脈」が疑われます。
比較的若い方に見られるのが、不規則な生活やお酒やタバコなどの過剰摂取により一時的に現れることが多いですが、繰り返すようであれば「動脈硬化症」といった重大な心臓の病気の可能性もあります。
この病気は加齢とともに衰えた血管に物質が沈着し、血管の通りを悪くしてしまいます。
それが原因で体中にさまざま悪影響を及ぼします。

食欲不振

食事は健康や身体機能を維持するのに欠かせません。そのため食欲が無いということは何か病気であることが考えられます。
胃の疾患、肝疾患、腎疾患、結核性疾患、熱性疾患などが原因として多く見られますが、その他にも日常生活でのストレスによって食欲不振に陥ることがあります。
また、長引く下痢や慢性の便秘症などでも食欲不振になることがあります。
食欲不振の主な病気として「胃がん」「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」「潰瘍性大腸炎」「肝硬変」「急性・慢性胃炎」「急性・慢性肝炎」「急性・慢性膵炎」「膵がん」「大腸がん」「胆のう炎」「胆のうがん」などが挙げられます。

腹痛(嘔吐・下痢)

腹痛の箇所、痛みの状態、それに伴う症状(下痢や吐き気など)によって疑われる病気に違いあります。
キリキリとした痛み、えぐりこむような痛みなどが持続する、または時間をおいて現れるなど実にさまざまです。
急激に痛み、嘔吐や下痢を伴う場合は食中毒の可能性もあります。
具体的な病名では「急性・慢性胃炎」「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」「膵臓がん」「慢性腹膜炎」「急性肝炎」「肝臓がん」「肝硬変」「横隔膜下膿瘍」「胆のう結石」「総胆管結石」などが挙げられます。
いずれにしても初期症状の段階で、しっかりと検査、診断を受けることが大切です。
無理に我慢せずにお早目に当院までご相談下さい。

胃もたれ

胃もたれの原因で比較的多く見られるのが暴飲、暴食といった不規則な食生活が挙げられます。
同時に胸やけやげっぷなどがみられる場合には「逆流性食道炎」などが疑われます。
その他、食事中などに無意識に空気を飲み込んで(嚥下)して胃や腸に空気がたまる「空気嚥下症」の場合もあります。
但し、胃もたれが長く続くような時は、「ヘリコバクター・ピロリ菌」の持続感染や「胃がん」「胃ポリープ」なども疑われます。いずれにせよ早期の検査・診断をお勧めします。

湿疹

湿疹は肌にぽつっと赤く、痒みともに現れます。
日常生活ではありふれた疾患の一つですが、原因として夏場は汗をかくため(俗にいうあせも)、冬場は乾燥による湿疹が多いようです。
他にも湿疹とよく似た症状で、かぶれ(接触皮膚炎)や虫刺され、「帯状疱疹」の初期兆候などに見られます。

不眠(睡眠障害)

不眠(睡眠障害)になると、目覚めのだるさや疲労感があり、眠気を誘うため、日常生活に様々な支障をきたします。不眠とは眠っている時間の長さで現れるものではないので、睡眠時間が短くても普段となんら変わらない平気な方もいます。
不眠の原因は実に様々で、日常生活のストレスや心理的疾患(うつ病)の症状として現れることがあります。
「睡眠時無呼吸症候群」という、眠っている間の呼吸が不規則になる(止まってしまう)病気で、熟睡できないためこのような不眠の症状が現れることがあります。
特に眠気による日常生活への支障は、例えば日中車をよく使う方など他の人を巻き込むような大きな事故にもつながりかねません。
睡眠を取っているにも関わらず、疲労感が抜けない、眠気が冴えないなど自覚症状を感じる方は、お早目に当院までご相談下さい。

過剰ストレス

現代社会はストレス社会とも呼ばれています。
頭痛がする、疲労感が抜けない、急に激しい動悸が起きるなど病気を疑い検査をしてもこれといった異常が見られないケースが増えています。このような場合「自律神経失調症」と診断されることがあります。
自律神経は自分の意思とは無関係に、体表や身体の内部の刺激に反応して身体の機能を調整する働きをしています。 例えば運動後、呼吸が速くなり、心臓がドキドキするのは、自律神経によって呼吸機能や心肺機能が促進されたことによるものです。
つまり「自律神経失調症」とは、この自律神経のバランスが乱れ、調整機能が正常に働いてない状態を指します。

アレルギー

アレルギー疾患は体の防御システムである免疫(細菌やウイルスなどの外敵から体を守る)機能が過剰に反応することで様々な症状を発症する総称です。
これは発症に起因するものには、ダニ、ハウスダスト、特定の食物や花粉、金属などが挙げられます。
これらをアレルゲン物質と呼びます。
アレルゲン物質は人によって大きく違いはありますが、発症するアレルギーとしては皮膚で起こる「アトピー性皮膚炎」や「蕁麻疹」、気管支などの気道で起こる「気管支喘息」、目で起こる「アレルギー性結膜炎」、鼻で起こる「アレルギー性鼻炎(花粉症)」、消化管でおこる「消化管アレルギー」などがあります。
また、鶏卵や牛乳、小麦製品、甲殻類などが主要なアレルゲンである「食物アレルギー」、金属のネックレスなどを原因とした「接触皮膚炎」は「金属アレルギー」に分類されます。